議会改革度ランキング2016は全国14位!

早稲田大学マニフェスト研究所調査による、議会改革度ランキング2016が発表されました。

西脇市議会は全国で14位、兵庫県内市町では昨年に引き続き1位です。

議会改革度ランキング2016(早稲田大学マニフェスト研究所)

情報共有では21位、住民参加で31位、議会機能強化で17位ですので、やや住民参加度が悪いということになります。

確かに議場に大型モニターも無く傍聴席にはバリアフリーの配慮等はありませんし、住民による議会モニターも未設置です。

大型モニターや傍聴席については新庁舎移転時には解決するはずですし、住民による議会モニターは徐々に導入していこうとは考えています。

まず、住民のみなさんが議会をモニターすることに慣れてもらうためにも、「議会だよりモニター」くらいから始めればいいのではないかとも思っています。

「議会だより」は広報の基本ですからね。

シチズンシップ教育(主権者教育)に関する取組もいよいよ今年から始まりますし、来年の議会改革度ランキング2017ではさらなる飛躍をしたいですね!

Follow me!