議会改革度ランキング2017は全国15位!

早稲田大学マニフェスト研究所調査による議会改革度ランキング2017全国ベスト300が発表されました。

西脇市議会は全国で15位で、今回もトップグループの一角を占めることができました!

兵庫県内市町では今年も1位です。

 

詳しく見てみますと、情報共有度が16位、住民参加度が31位、機能強化度が28位と、まんべんなくポイントが高いのはいいのですが、逆にいえば特徴が無いともいえます。

これからの課題は、昨年も書きましたが、議会モニターや議会だよりモニターなど、住民の声を活かした議会改革、私の議長選での公約でもある公聴会の制度化などがキーになるでしょうか。

バリアフリー対応などは、新しい庁舎建設を3年後に控えてますので、現段階で改修工事は難しいと判断します。

次の議場ではバリアフリー対応や議会のICT化もさらに進める予定です。

 

実はそんな制度面や機能面よりも、一番肝心なのは成果を出すことだと私は考えています。

どれだけ住民の福祉の向上に議会が寄与できたか、或は住民のみなさんが議会に対する信頼度がアップしたか、それこそが議会の評価だと思っています。

議会改革で培った制度を活かして、成果の出せる西脇市議会にすべく頑張っていきたいと思います。

Follow me!